【Windows版】厳選ショートカットキーを一覧で紹介!作業効率10倍?これだけはマスターすべし!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

パソコンのショートカットキーを覚えると、作業効率が10倍になる

と言っても過言では無いです。

  • 時間効率 2倍
  • 消耗する体力 半分
  • 消耗する精神力 半分

少なく見積もってもこれぐらい効果あります。
(2×2×2だから、これだと効果8倍だけど笑)

  • PC作業が早く終われば、それだけ子供とも遊べるし
  • 作業負担が減れば、それだけ仕事量もこなせるし
  • 一回覚えちゃえばPC操作のストレスもかなり軽減されます

(大学時代・・・PC初心者ながら100枚のレポート作成に襲われた当時の僕に教えてあげたい・・・)

 

ショートカットキーの数は大量にあるので全部覚えようとすると、途方もない数になりますが

使うショートカットキーは、さほど多くはありません。

 

そこで、普段からPC一台で仕事しまくってる僕が、日ごろ使い倒している厳選ショートカットキーを一覧で紹介していきます!

PC初級者なら、これだけ覚えるだけでも、PC操作が爆速になること間違いないので、是非、覚えていってください。

身体で覚えるのが一番なので、1つのショートカットキーをマスターするために、練習で最低20回は使うようにしてみてくださいね!

 

では、さっそく紹介していきます!

 

ctrl+〇〇のコンボ編

まずはctrl+〇〇のコンボ編ということで

ctrlボタンと組み合わせて使うショートカットキーを順番に紹介していきます!

 

コピペに使えるショートカットキー

ショートカットキーの入門にして絶対に覚えておきたいのがコピペに使うショートカットキーです。

  • ctrl+c でコピー
  • ctrl+v でペースト

覚えると言っても、たった、これだけです!

もし、使ってなかったならコレを使い始めるだけで超PC操作のハードルが下がるはず。

 

さらにコピペに加えて

  • ctrl+a で全選択

を組み合わせると全文コピーもサクッとできます!

上から下までダーって画面をスクロールする必要はありません。

 

そして、もう一つ覚えておきたいのが

  • ctrl+xで 切り取り

・ctrl+c でコピー
・ctrl+v でペースト

の場合は、元の場所に文章が残ったりファイルが残ったりしますが、

  • ctrl+x で切り取り
  • ctrl+v でペースト

を使えば、元の場所からは無くなるので移動するような形になります。

 

簡単にまとめると

  • ctrl+c でコピー
  • ctrl+v でペースト
    でコピペ

  • ctrl+a で全選択
  • ctrl+c でコピー
  • ctrl+v でペースト
    で全文コピペ

  • ctrl+x で切り取り
  • ctrl+v でペースト
    で移動

という感じで使えるので、もし覚えていなかったら即20回実践してみてください。

(メモ帳を開いて、この記事の文章をコピペして使ってもらって大丈夫です)

 

つぎはネットで調べものとかをするときに使えるctrl+〇〇のショートカットキーを紹介しますね。

 

Webブラウザで使うショートカットキー

PCでネットサーフィンしてると、

  • ページを開きすぎてタブがいっぱいになったり
  • 間違えてページを閉じちゃって、戻すのに苦労したり・・・

なんてこともあると思いますが、そんな悩みはショートカットキーで一発で解決します!

全部で5種類あるので、これもスグに使ってみてください。

 

タブを開く閉じる

  • ctrl+t で新しいタブを開く
  • ctrl+w で開いているタブを閉じる

調べものをしていて、あたらしい画面を表示したければctrl+tでサクッと新しいページを開けるし

不要なタブはctrl+wでサクッと閉じる事ができます。

いちいちタブにマウス持って行って×印押すのは時間がもったいないです。

 

間違えてページを閉じてしまった時は、次のショートカットキーで簡単に戻せます。

  • ctrl+shift+t 閉じたタブを元に戻す

間違ってページを閉じちゃって「あーーー」ってなることありますよね!そんな時は是非使ってみてください。

覚えておいてよかったー!って絶対、思うはずなので笑

 

タブの移動もショートカットキーを使えば自由自在

  • ctrl+Tabを使えば右のタブに移動
  • ctrl+shift+Tabを使えば左のタブに移動

という風にキーボードだけで自由にページを行き来できます。

 

使い方を簡単にまとめると

  • ctrl+t で新しいページを開く
  • ctrl+Tab(ctrl+shift+Tab) でタブを行き来する
  • ctrl+w で不要なタブを閉じる

間違えて閉じてしまった場合は

  • ctrl+shift+t  で元に戻す

というような組み合わせでの活用になるので、この5つも、まだ覚えていなければ20回さっそくやってみましょう!

 

あとweb限定で使うものというわけでは無いのですが、僕はwebページで良く使うので、ここで紹介すると

  • ctrl+f でページ内検索

ができます。

例えば、Wikipediaで前田敦子の情報だけを調べたいときなどに

  • ctrl+f を押して 検索窓に 前田

と入力することで前田敦子に関連する情報を効率良く集めることができます。

(※僕は特別AKBが好きというわけではありません笑)

 

あと、もう一つ

  • ctrl+l url表示部分に飛ぶ

も覚えておくと便利です。

 

  • urlをコピーしたり
  • 新規タブ開きたいくないけど新しい事を検索したい

というときに使えます。

 

ブラウザのタブをスムーズに移動できるだけでも検索能力は爆上がりするはずです。

 

次は、地味なショートカットキーですが、押すだけで編集しているファイルに上書き保存ができるショートカットキーを紹介しますね!

 

ファイルの保存で使えるショートカットキー

  • ctrl+s 上書き保存

ワードやエクセルなどの資料を作っている時に、特に使えるショートカットキーなのですが

これを押すだけで、

  • 画面左上のファイルにいって
  • クリックして
  • 中に入って
  • 上書き保存をクリックする

みたいな面倒な作業をショートカットできます。

しかも、新規ファイルの場合は名前をつけて保存の画面になってくれます。

 

最近はワードやエクセルでも復元機能がありますが、せっかく入力したデータを無駄にしたくない場合は、こまめにctrl+sを押して上書き保存しておいてくださいね。

 

次も、資料を作ったりするときにめちゃくちゃ使う戻すやり直すのショートカットキーです。

 

戻す・やり直すに使うショートカットキー

  • ctrl+z で1つ前の作業に戻る
  • ctrl+y やり直す(戻したものを進める)

という操作ができます。

このショートカットキーはワードなどで文章を作成している時に、間違って消しすぎてしまった時に元に戻すのに、めちゃくちゃ役に立ちます。

 

たまに使えないアプリケーションもあったりしますが、いろいろなソフトで役に立つショートカットキーなので、是非、覚えておいてください。

(もし、知らなかったならこれも速攻20回やってみてくださいね!)

 

以上が、ctrl+〇〇の組み合わせで使えるショートカットキー一覧です。

 

これぐらい覚えておけば、ほぼ困ることはありません。

マニアックなものも全部覚えたい!という場合は、まだまだあるのでググって調べていただけるといいかなと。

 

次は、そんなに数は多くないですがAlt+〇〇のコンボについて紹介します!

 

Alt+〇〇のコンボ編

Alt+〇〇のコンボは覚える数はそれほどありません。

ですが、かなり使い勝手の良いショートカットキーがあるので、是非、覚えておいてください。

 

アプリの切り替えに使えるショートカットキー

  • Alt+tab でアプリの切り替え

このショートカットキーがめちゃくちゃ使えます。

 

特に、外出先でノートPCで一画面で作業している時には、画面に表示できるアプリはせいぜい画面を分割して2画面だと思うので

  • ネット開いて
  • エクセル開いて
  • ワード開いて
  • それを行き来する。

なんて作業が必要になった時はページを切り替えるだけでも大変です。

ですが、

・Alt+tab を使えば開いているアプリの間をサクサク移動できます。

 

特にいろいろな資料を見ながら、文書を作成するときには、無くてはならないぐらい使えるショートカットキーなので、すぐに20回試してマスターしちゃいましょう!

 

あと、Alt+〇〇のコンボは2つ覚えておくと良いものがあるので紹介しますね!

 

Webブラウザで使うショートカットキー

ネットで調べものをしている時に使えるキーなのですが

  • Alt+← で戻る
  • Alt+F4 でブラウザを閉じる

ということができます。

  • 戻るボタンを押すのも
  • ブラウザを×で閉じるのも

さほど、労力がかからないことなので、そちらでもさほど苦が無いため、利用頻度としては、そこまで無いかもしれませんが、覚えておくといいと思います。

(僕はもちろんショートカットキーを使っています。)

 

以上が、Alt+〇〇の組み合わせで使えるショートカットキーです。

さほど、量も無いのでサクッとやってみて覚えてみてください。

 

次は、キーボードの上に並んでいるF〇のボタン「ファンクションキー」の活用について紹介していきます。

これも、めちゃくちゃ便利です。

 

ファンクションキーの活用

ファンクションキーは全部で12個あって、それぞれ違う機能があるのですが、僕が使っているのは主に6つです。

順番に紹介していきますね!

 

F2でファイル名を一発チェンジ

保存しているファイルの名前を変えたいそんな時は、ファイルを選択して、F2を押してみてください!

簡単にファイルの名前を変更することができます。

 

ショートカットキーを使わない場合、

  • 右クリックして、
  • ファイルの名前の変更を押して
  • やっと変更できる

という風に作業工数がでてしまうものなので、結構役に立ちます。

 

2秒あれば試せるので、何かのファイルですぐに試してみてくださいね。

 

次はネットで調べものをしている時に、最新情報を読み込むのに使えるF5ボタンの紹介です。

 

F5でWebページを最新に!

最新の情報を読み込みということなのですが、僕は主にページの読み込みが遅いなと感じたときにF5を押してページの再読み込みをするなどに活用しています。

もちろん、SNSなどページを開いたままでは情報が更新されないサイトで最新情報を読み込みたいときにも使えるので是非、試してみてください。

 

そして、プラスで覚えておくと便利なのが

  • F5+shift のスーパーリロードです。

たまに、ネットバンクの口座などを利用していて、ログアウトせずにブラウザを閉じてしまった場合などに

  • キャッシュが残っているためページを開くことができません。
  • ログアウトしてから再度お試しください

などの表示がでることがありますが、そういったときは、F5+shift のスーパーリロードで解決できます。

 

また、ネット回線は良好なはずなのに、Webページが重いぞ・・・という場合は、スーパーリロードで解消することもありますので、そんな時も是非、試してみてください。

 

次は文字入力で使えるF7,8,10を一挙に紹介します。

 

F7で全角カタカナ変換

入力した文字を全角カタカナにしたい場合は、F7を押すと全角カタカナに変換されます・

  • あいうえお
  • アイウエオ

こんな感じに

 

F8で半角カタカナ変換

半角カタカナにしたい場合は、F8を押すと半角カタカナに変換されます・

  • あいうえお
  • アイウエオ

こんな感じに

 

F10でローマ字変換

ローマ字表記にしたい場合は、F10を押すとローマ字表記に変換されます。

  • あいうえお
  • aiueo

こんな感じに

ローマ字表記に関しては、日本語の文章を入力する中で英語の文字列を入力しないといけなくなった場合に非常に便利です。

 

たとえば

「ぼくが好きな漫画はonepieceです」

と入力したい場合、英語の部分を入力するときに文字変換せずに行うと

「ぼくが好きな漫画はおねぴいえせです」

となってしまいますが、F10を押してローマ字表記に変換すると

「ぼくが好きな漫画はonepieceです」

という風に文字入力をいちいち英語に切り替えて入力する必要が無くなります。

(これ、わかる人にはわかると思うんですが地味に便利です)

 

どの番号が何だったっけ・・・と慣れるまでは悩むと思いますが、マスターするまではこのページをブックマークに登録でもしておいて忘れたときは戻って確認してみてください。

 

あと、PCで動画を見るときなどに地味に使えるファンクションキーとしてF11があります。

 

F11で全画面表示

F11を押すとメニュー部分の表示が無くなり全画面表示になります。

ちょっとしたことですが、大きな画面で動画などは見れるようになります。

逆に資料作りに熱中している時に

「キーボードのタイプミスでメニューバーが無くなった!どうしよう!」となる場合があるかと思うのですが

F11を押してしまったことが原因なので、もう一度F11を押して、元に戻すことができます。

 

以上が、ファンクションキーで僕が良く使っているもの6種類になります。

 

なかなか、覚えるものが多くなってきたので疲れてきたかもしれませんが、あと少しです!

 

追加で、〇〇とのコンボという感じでは無いのですが、PCの画面のキャプチャを撮るのに便利なショートカットキーがいくつかあるので紹介します。

 

画面撮影(スクリーンショット)に使えるショートカットキー4つ

スクリーンショットのショートカットキーについては4種類覚えておけば、用途別に使い勝手が良いものを選べるので便利です!

主に使うのはこの4つです。

  • PrtSc ボタン
    全画面をキャプチャ(保存無し)
  • Win+PrtSc
    全画面指定フォルダに自動保存

  • Alt+PrtSc
    選択している画面のみキャプチャ

  • Win+shift+S
    画面の一部だけ切り取ってキャプチャ

 

順番に紹介していきますね!

 

  • PrtSc ボタン 全画面をキャプチャ(保存無し)

は自動でファイルは保存されないので、キャプチャーを撮影したらスグにペイントやワードなど、画像を貼り付けたい先に張り付ける必要があります。

コピペと同じで常に最新で撮影したものだけが、貼り付けできる。という形です。

※DropBoxを同期させている場合は自動で保存されるように設定できます。

 

なので、撮影したキャプチャを保存しておいて、まとめて編集したい場合は

 

  • Win+PrtSc 全画面指定フォルダに自動保存

でピクチャフォルダの中に保存されるようにしておくといいです。

 

  • Alt+PrtSc 選択している画面のみキャプチャ
  • Win+shift+S 画面の一部だけ切り取ってキャプチャ

に関しては、後でキャプチャした画像を編集したりするのは面倒だから、一部だけを撮影してスグに資料に貼り付けたい場合に便利です。

 

スクリーンショットに関しては、この4つの方法を覚えておけば、資料作りやブログ記事を作成する際に画面の画像を入れるときに労力が少なくなるので、是非、試してみてください。

 

以上が、僕が頻繁に使っているショートカットキーの一覧です。

 

(一気に紹介したので息切れしているかもしれませんね 笑)

 

かなり長くなってしまったので最後に簡単におさらいだけしておきます!

 

まとめ:早速使って覚えよう!

ここまで紹介したショートカットキーは以下の通りです。

 

コピペ系でよく使うもの

  • ctrl+cでコピー
  • ctrl+vでペースト
  • ctrl+aで全選択
  • ctrl+xで切り取り

ネットで調べ事している時に使うもの

  • ctrl+tで新しいタブを開く
  • ctrl+wで開いているタブを閉じる
  • ctrl+shift+t で閉じたタブを元に戻す
  • ctrl+fでページ内検索
  • ctrl+lでurl表示部分に飛ぶ

資料作成中に使えるもの

  • ctrl+sで上書き保存
  • ctrl+zで1つ前の作業に戻る
  • ctrl+yやり直す(戻したものを進める)

 

・Alt+tab でアプリの切り替え

・Alt+← で戻る

・Alt+F4 でブラウザを閉じる

・F2でファイル名を一発チェンジ

・F5でWebページを再読み込み

・F7で全角カタカナ変換

・F8で半角カタカナ変換

・F10でローマ字変換

・F11で全画面表示

・PrtSc ボタン

全画面をキャプチャ(保存無し)

・Win+PrtSc

全画面指定フォルダに自動保存

・Alt+PrtSc

選択している画面のみキャプチャ

・Win+shift+S

画面の一部だけ切り取ってキャプチャ

(結構多いですね笑)

全部覚えようとすると、もっともっと数がありますが、紹介しているショートカットキーを覚えるだけでもPC操作は爆速になりますので、是非、実践してみてください。

訓練用に見ながら実践したら確実にマスターできる動画もあるので視聴しながら訓練してみてください。

大げさな話ではなくて・・・紹介しているショートカットを20回やって覚える(所要時間数時間)

それだけで、それ以降の人生の多くの無駄な時間を削減できるので、この先の自分を楽にする気持ちで面倒くさがらずに、すぐ取り組むことをオススメします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Lightning Life Log , 2019 All Rights Reserved.